もくじ
☆YUGIMUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園
★ゆぎっこの世界
ゆぎっこの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2020年 11 月 22 (日) 版

☆保育スナップ 26 年中組はじっくり話し合う体験を!!
 年中組は大型動物作りが始まりました。グループの話し合いの様子をご紹介します。
 Hちゃん、うちはシマウマが良い。かっこいいし、勇敢だし。Tはライオンが良い。かっこいいし、肉を食べるところが、Kくん ライオンが良い。かっこいいし、吠えたりしている。Nちゃん ライオンが良い。かっこいいし、鳴き声がかっこいいから。Hちゃん へぇーでも、シマウマもかっこいいんだよ、私絵本で見たの、勇敢なんだよ! Tくん かっこよくないよ!ね〜な〜ね〜。Hちゃん ほんとだもん。お父さんシマウマは、勇敢なんだよ。子供を守るんだよ! K君 シマウマにしてあげるから今日はお願い!ライオンで!
  Hちゃんえー? Tくん ライオンがいい。Hちゃ Tくんは知らないだけだよ! シマウマの良さを知らないんだよ。勇敢なんだよ、お父さんしまうまも、お母さんしまうまも、群には追いつけないけど。Kくん しまうまの気持ちになってみたけど、やっぱりライオンがいいな。私もしまうまの気持ちになってみたけど、ライオンがいいかっこいいから。Kくん 疲れちゃった後にしない? Kくん だって坂道ずっと走らなきゃいけない位大変なんだよ。お昼食べてから決めようよ。Hちゃん、チーターは?点々がかっこいいしさぁ!  Kくんもチーターがいい、強くてかっこいいし、速いから。Mちゃん 最初はライオンじゃなかったの? Kくん 違うよ、Tくん 気持ちが変わったの? 昨日はライオンって言ってたもんね。Kくん 考えてきたの! Tくん は絶対ライオン。K君 もうみんなの言葉がいっぱいで頭がとれないよ! (頭がいっぱいって言うこと) 
  みんなに気持ちを聞いてみたらと話すと、お互いに聞きあって「ライオン」を作ることに決まりました。年中組のクラス通信での様子です。じっくり話し合う初期の段階で、4歳児らしいやりとりで、今後どうなっていくか、楽しみです。

                         園長 原田 小夜子
たまごぐみ(四年保育)
picture
釜戸でご飯を炊いているよ
picture
釜戸給食は美味しいね
picture
お好み焼を作って食べたよ
picture
今度は自分たちで
picture
お好み焼きごっこ
picture
落ち葉がいっぱい
年少組(ひよこ)
picture
落ち葉のお布団気持ちいい
picture
石を跳んで向こう側へ!
picture
全身を使って登ります
picture
大きな滑り台 楽しいね
picture
丸めてお団子にして
picture
串に刺してみたらし団子作り
picture
ホットケーキ焼いて
picture
自分たちは絵に
picture
たこ焼き屋さん はい、どうぞ!!
年中組(ひばり)
picture
大型動物作り、がんばります!
picture
相談しながら進めます
picture
ガムテープでしっかりつけます
picture
足をしっかり止めて
picture
ほら乗れたよ!
picture
みんな嬉しそう
picture
散歩でがけ登り
picture
年長さんに跳び方を教わって
picture
縄の結び方を
年長組(つばめ)
picture
どの材料を使おうか
picture
フィールドの柵をどうしようか
picture
細かなところを丁寧に
picture
模様を考えて
picture
みんな真剣に色塗りを
picture
柵の形が決まって!作ろう
picture
米の収穫を祝って最後の荒馬踊り
picture
塩爺にありがとうのお手紙を
picture
年中さんにお米のお裾分け

picture