もくじ
☆YUGIMUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園
★ゆぎっこの世界
ゆぎっこの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2020年 2 月 23 日(日) 版

☆保育スナップ 42  年長組・人間力を引き出す劇作り!!
 年長組の劇が行われました。入園から育ててきた、育ってきたことが土台となって、総合活動としての「劇」。題材決めから始まって役決め、場面作り、全て子どもたちが話し合って劇作りをしました。子どもは、自分で決めたことは、ちゃんと責任を果たす。まさに、そのことを示してくれた子ども達でした。
 保護者の皆さんも、成長を感じ、感動して涙されていました。
小学校では、授業数の関係から、劇の取り組みが無くなる傾向にあります。柚木武蔵野幼稚園で、人間力を引き出す、集団をまとめていく力が育つ体験は、とても貴重なことです。

                             園長 原田 小夜子
劇の会・つばめ1組「へえ六がんばる」
へえ六がんばるぞー!
岩木山が噴火して
作物が採れなくなった!
人のいいへえ六さんはなんでも
「へえ!よごす」と引き受ける
カッパがおぶさりてぇと
さらわれた娘さんを助け
ひょうたんと目玉を取り返し
火の玉こぞうが怒って
カッパが助けてくれて
目玉とひょうたんを
石垣をみんなで作ろう
川を作って作物を
火の玉こぞうも謝って
みんなやりきった表情
劇の会・つばめ2組「へえ六がんばる」
衣装が決まってるね!
岩木山が噴火、作物が採れなくなった
人のいいへえ六さんはなんでも
「へえ!よごす」と引き受けたり
カッパが「おぶされてぇ」と
村の娘を助けて
火の玉こぞうが怒って
油を流してやりすごし
カッパが水で助けてくれて
目玉とひょうたんを返してあげて
作物が作れるように川を作ろうと
みんなで石垣作り
火の玉こぞうも謝って
作物も豊作になって
楽しかったね劇作り!
劇の会・つばめ3組「やまんばのにしき」
いよいよ始まるがんばるぞ!
みんなでお月見していると
ガラが餅持ってこいと
みんなで餅をついて
誰がやまんばに持って行くか
あかざばんば道案内して
途中嵐に遭って一人で
やまんばに餅を届けた
熊汁をご馳走になったり
産後の21日を手伝ったり
帰りにおみやげをもらって
村人はそのころあかざばんの葬式を
そこにあかざばんばが帰ってきて
お土産は立派な錦(にしき)
劇をやりきって皆満足