もくじ
☆YUGIMUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園
★ゆぎっこの世界
ゆぎっこの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2018年 12 月 16 日(日) 版

☆保育スナップ 35  親子で楽しんだもちつき参観日!!
 今年も60キロのお餅をつきました。朝から早く父さん方が準備をしてくださり、釜戸からの湯気が立ちのぼり、寒い朝を温かく迎えてくれました。年長組のお父さん達が協力して、きな粉、あんこ、納豆、海苔のお餅を全園児とお父さん達お母さん達の分を作ってくださいました。温かくてやわらかいお餅を、皆んな喜んで食べていました。参観では、伝承遊びを中心に駒、竹馬でお父さん達と遊びました。美味しくって、楽しい日となりました。
                             園長 原田 小夜子
たまごぐみ(四年保育)
落ち葉を踏みしめて散歩
先生と一緒に草スキーだ
どんどん登ります
マラカス作って鳴らそう!
リズムに合わせてゴロゴロ
焼きうどん焼けたかな
お父さんたちと一緒に
紙の竹トンボ完成
お餅をおはぎにして食べたよ
年少組(ひよこぐみ)
空き缶に五寸くぎで穴を開けて
紐を通して
缶ポックリでお散歩
丘からダンボールで
わぁーい!すごいスピード
何度も挑戦
お父さんたちの餅つきを見学
お替わりどれにする
お父さんとコマ回し
年中組(ひばりぐみ)
山の畑で種から育てた大根
こんなに大きくなって収穫
幼稚園に持ち帰って
お家に一本ずつお土産に
早速だいこんの絵を
体験しているからどんどん描きます
釜戸で餅米を蒸かして
好きなお餅を好きなだけ食べます
お父さんたちとコマ回しを
年長組(つばめぐみ)
竹馬がブームです
マットで前回りや後ろ回りを
お茶室でのお茶の時間
お父さんたちが釜戸で餅米を
力強い餅つきの音が
子どもたちも自分で餅つきを体験
お餅がくっついてきて
お父さんたちが調理
バイキング方式で好きなだけ食べます
▲上に戻る