もくじ
☆YUGIMUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園
★ゆぎっこの世界
ゆぎっこの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2018年 11 月 25 日(日) 版

☆保育スナップ 32  八十八の手がかかってようやく出来たお米!!
 「収穫祭」:レンゲ摘み、田おこし、代かき、田植え、田の草取り、かかし立て、稲刈り、籾摺りの体験を経て、いよいよ収穫祭をしました。
  今年は暑くて水不足を心配したのもつかの間、連続してやって来る台風で、稲が倒れたりと、米を収穫できるのか、思うようにいかない自然の力の凄さに、気を揉みました。八十八の手がかかってようやく出来たお米。 艶やかな新米は、とても甘く、自分達で育てた米を食べられる喜びは、とても幸せにしてくれます。里山クラブの皆さんの大きなお力添えに感謝して。
  年長組の動物園、年中組の大型動物は、話し合って作ることを毎日積み上げています。来週12月1日土曜日は「作品展」です。どんな作品になるのか楽しみにしていてください。

                                 園長 原田 小夜子
たまごぐみ(四年保育)
落ち葉を集めてプールに
わぁー楽しいな
落ち葉のプール:気持ちいいな!
色紙や色和紙を丸めたりして
お弁当を作ろう
ほら美味しのができたよ
太鼓の音を聞いて今日は収穫祭
たまご組さんも荒馬踊りを
収穫したお米のご飯を
年少組(ひよこぐみ)
本物のパン屋さんに出かけて
パンをこの窯で焼いているんだよ!
どのパンにしようか
お金を支払って
パン美味しそうだね
早速パン屋さんごっこ
綺麗な落ち葉を探して
貼り絵で落ち葉を表現
11月生まれの誕生会
年中組(ひばりぐみ)
相談しながら作った動物
自分の役割を意識して
強くするために和紙を貼ります
皆がのっても大丈夫なように!
協力し合って貼ります
年長さんが育てたお米の収穫祭
収穫したお米を釜戸で炊いて
豚汁と一緒に
年長さんが作ったんだよ
年長組(つばめぐみ)
今日はお米の収穫祭
収穫に感謝して
最後の荒馬踊りを披露
釜戸で炊いたご飯・残り少なく
豚汁も美味しかったね
自分たちで作ったお米を
柵作りの次は畜舎作り
どんな畜舎にするか話し合い
組み立てて行きます
▲上に戻る