もくじ
☆YUGIMUSASHINO☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園
★砂・ドロ・水遊びをたっぷりと
むさしの・もくじに戻る

むさしの

砂・ドロ・水遊びをたっぷり
 ドロンコになって遊べるのは「こどもの特権」です。ドロ遊びは感覚遊びで「感性」を養います。そして今の子は「失敗をしないようにと、頭で考えていしまい、いろいろな事に消極的になってしまう傾向にあります。ドロンコ・砂遊びは、形にならない物、作っては壊し、作っては壊し、やり直しができることを体験から知ることができます。このことが心の解放に繋がっていきます。
始業式後、園庭の真ん中に巨大な砂山が
みんな駆け上って大喜び
砂の感触が気持ちいいよ!


 ◎さまざまに変化する驚きと楽しさ

 変化する水や砂、土の素材で手の働きを促し子どもみずからが、自分の働きによって、変化した行為を最初から最後まで喜びをもって、自分で確かめられるという主体的な活動は、意味のあることです。
 子どもたちは、土や砂の感触の心地よさと共に、自分の働きかけによって、さまざまに変化する驚き、楽しさを、十分に味わいます。
丸める楽しさ!
だんだんダイナミックになって
座っちゃいました!
全身で水の感じて
雨の合間も楽しみます
仲間も一緒になって
泳いでるの?
年長組はイメージを共有して
協力しながら遊びます
田植えをイメージしてるのかな?

 ◎ドロ団子つくり


 年長組が作るぴかぴかの泥団子を見て年少組や年中組でも「どろだんごづくり」がブームになってきました。その中で「できないんだよ!」という声が出てきたり、「割れないだんごを作りたいけど、割れちゃうからやめた」「作って見たいけど、うまくいかない」という声に「教えてあげるよ!」年年長さん「土粘土のほうがいいよ」「さらさらの白砂だよ」と話が出てきて、いろんな場所の土や砂を比べて、いろいろ試して作っています。
丸くしようね!
見て、まんまるになったよ!
ほら、大きいでしょう!
▲上に戻る