もくじ
☆YUGIMUSASHINOO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 柚木武蔵野幼稚園

武蔵野幼稚園はこんなようちえんです

大空にはばたく鳥のように!
 柚木武蔵野幼稚園は、平成7年に創立され、今年度で25年の歴史があります。
 創立者の故金子タミ先生は、保育の理想を「大空にはばたく鳥のように」と高く、広く、深い願いを園舎に託して遺しています。「わたしは、すべての園児にとって、柚木武蔵野幼稚園で受けた教育が、その長い一生を通じて、強い支えとなり、社会に何らか欠くことができないかたちでプラスとなることを心から念じています」の願いを引き継いで、さらに高め、豊かな保育にしていくようにと取り組んでいます。

◎ようちえんの歌!

武蔵野幼稚園コーラスサークルのお母さん達の
歌声をお聞きください。!

☆動画が見られない方は最新版のブラウザーSafari、Google Chrome、FireFoxでご覧いただけます。
尚、この動画はテスト配信ですので、予告なしに  
削除する場合があります。
             教務・制作担当

picture
武蔵野幼稚園建学の三つの理念
保育方針
1:共に育ち合う集団づくり
2:すべての人間は平等であるという広い視野で考える
3:日本の文化に触れながらゆとりや四季感や生活の中の作法を培う
 *子ども一人一人がもっている個性や身体的精神的な能力が十分伸びていくよう指導し
  援助していく。
  そのために子どもの発達や環境・教材・文化・保育内容を大事にする!
 * 優しさと自治力のある集団づくり。
 * 常に子どもにとって最善のものをめざす保育をしていく。
 * 幼児期にとって大切な仲間との遊びや原体験を大事にしていく。
  子どもにとって安心した居場所を保証しどの子も自分の思いを言葉で言える力を
  育てていく!
 * 手、足、身体、全体がよく動きしなやかさを持ち丈夫で健康な身体と生きる力を育てる。
picture
武蔵野幼稚園がめざすこども像
保育内容と特徴
1「発達のすじみちにそった保育」
  *2才・3才・4才・5才児の発達の筋道を抑えながらひとり一人の成長を保障する
   保育内容を工夫し実践していきます。
2「行事に振り回される保育でなく保育が充実し成長の飛躍台になる行事に」
  *儀式的行事、飛躍台になっていく行事を園と親との共催の行事など目的をはっきり
   させながら子どもにとって 意味のある行事を精選して位置づけています。
3「育ち合う集団づくり」
  *クラス集団づくりを基礎にしながら縦割り保育、学年全体で取り組む保育など
   目的に応じていろいろな仲間との関わりをもてるようにしています。
4「自分たちの生活は自分たちで築く」
  *自分たちの生活は自分たちでつくり出せるように自治活動のめばえとして
   グループ作りや当番や係活動、ものごとを決めていくための話し合い活動を
   大切にし自分の気持ち等を言葉で表現できるようにしています。
5「身辺自立」
  *必然性を感じさせながら身につけていくことにしています。年長のお泊り保育を
   目標に身辺自立の確立をめざしています。
picture
幼稚園ガイド
送迎バス
  「園バスは2台です」 コースは前年度をベースにしながら新入園児の地域を加えコース
  を組みます。
   ☆今年度のバス運行領域について
お弁当    
  子どもに合ったお弁当の内容量で楽しく食べるランチタイム!いつでもお弁当を
  持って園外に行ったり、ほかのクラスと一緒に食べたりします。
釜戸給食
  専属の栄養士さんの指導による週一回の「釜戸の日」。子供達の為に季節のもの、
  素材を大切にした味付け、伝統食を取り入れ、バランスのとれた釜戸給食ならではの
  メニューを用意しています。
園 舎
  「園舎」…創立者の「羽ばたけ幼き子らよ」の思いを園舎に託して建てられています。
  各教室に鳥のイメージ  がデザインされ、クラス名は鳥にちなんでつけられています。
  「保育室」13・ホール・調理室・職員室・事務室・教材庫・書庫・玄関ホール・
  談話室・シャワー室等。
  *保育室から外にすぐ遊びに出られます。室内にトイレがあり安心して行けます。
   また排泄の様子をみたり指導がていねいにできます。    
  *たくさんの良い絵本の出会いや絵本で育つ心を大事にした学級文庫には250冊前後の
   絵本がどのクラスにもそろっています。紙芝居も多数あります。
服 装
  「自由服登園です」 遊んだり活動しやすい服・着脱が容易な服 ・ カバン・帽子は
  決まった物があります。
環 境
  多摩ニュータウンの中に位置し、自然や丘陵がそのまま残り樹木が多く季節感が豊かに
  味わえます。
  園の隣にある「ひだまり公園」をはじめに、園周辺には大きな公園が点在しています。
  安全な遊歩道に繋がっている公園です。これらの公園に積極的にでかけ小川や坂道、
  崖や山道は子供達の 散歩道、
  かたつむり等、虫たちとの出会いの道、つたのからむ林や森は探検、冒険の
  ファンタジックの世界です。
園 庭
  園庭は八王子の幼稚園の中でも広く、千坪以上あり、年少組の部屋の前にすぐ遊べる
  ように砂場や水道、手洗い場があります。さらに大きな砂場・アスレティック・
  固定遊具・築山。夏期には・4才、5才児専用プールを屋上に設置、 ・2歳児専用、
  3才児専用プールを園庭に設置・体育倉庫・樹木は実のなる木(びわ・柿・ざくろ・桃・
  ぶどう・かりん・ブルーベリー・梅・グミ・いちじく) が植えられており、四季折々の
  旬の味をを楽しめます。また季節の野菜を育てるために、各学年の畑があり、
  きゅうり、トマト等々を収穫しています。
設 備
  *談話室や玄関ホールは保護者皆さんの交流の場になっています。
  *平成24年に太陽光発電装置が完備され、冷暖房・床暖房を含め、園で使う電気の
   ほとんどをまかなえるようになり、子供達の節電への意識の芽生えに役だっています。
☆日常の園生活の様子はトップページ「ゆぎっこの世界」で紹介しています。ご覧ください。
令和2年度 自己評価・学校関係者評価報告書
                             平成3年 3月 27日
                       (学)金子学園 柚木武蔵野幼稚園
picture
[本園の教育目標]
〇共に育ち合う集団作り
〇発達の筋道にそった保育
すべての人間は平等であるという広い視野の獲得
自分たちの生活を自分たちで築く生活作り
身辺自立の確率
picture
[本年度の重点的に取り組む目標・計画]
〇充実している保育内容が、形式的に行われることのないよう、子どもの実態に即した工夫を取り入れるために、記録をもとに保育内容を振り返り、子どもの実態分析を行い、よりよい保育を目指す。教員が学びを深め、保育観を共有していく。
〇コロナ禍で遊びや生活が制限されている園児の実態に合わせて、自然の中の実体験を豊かにし、一人一人の園児が実感をもつことのできる保育を目指す。
〇保護者とともにつくる保育ではあるが、コロナ禍で保護者との共同が難しい状況。保育参加の方法、懇談会の運営方法の工夫を検討することによって、保育内容を共有し、教育活動が充実するように心がける。
picture
[評価項目の達成及び取り組み状況]
     評価項目  評価          取り組み状況
幼児教育の内容方法の改善   重点としている保育活動が、今年度の子ども達により適したものとなるよう録画、記録に基づいた園内公開研を実施し、子どもの現状分析や保育内容の見直しを行った。実体験を通して、実感を持った活動が行えるように園内飼育環境の整備、プランターの増設、園の畑の整備など環境整備も実施した。
用地教育を担う人材・専門
性の向上
  障がいのある園児や家庭支援の必要な園児に対しての理解を深め、きめ細やかな対応を図るため、外部講師による研修を2回実施した。また、コロナ渦のため外部の研修会に参加することが難しい状況はあったが、オンラインで実施される研修会に参加するなど、学びを止めることのないように工夫をした。
家庭・地域における幼児教育
の支援
  園庭開放、あそぼう会を実施し、遊び場と子育てサロンとして相談の場を提供。また、「ホームページ」を通して、幼児教育の大切さや豊かさを発信。園児の保護者を対象に障害児教育の専門家によるオンライン講演会を実施した。
新型コロナウイルス感染症対応   緊急事態宣言が解除されるまでの期間、通園バスの消毒強化や室内活動、飲食時のシールドの利用。また、感染防止対策をして欠席している園児への教材配布を行った。また、懇談会の時間を短縮するために、資料の事前配布や動画配信を併用した。
評価 A・・十分成果があった B・・成果があった C・・少し成果があった D・・成果がなかった
picture
[総合的な評価]・・・
毎年の保育検討の中で積み上げられてきたカリキュラムの内容が深まってきているが、慣例として形式的に実践が行われることのないよう、常に「今年のこどもたちにとって大切なこと」を考え、保育計画、実践記録をもとにした振り返りをし、検討を行っていくことが充実した保育につながってくると考えている。今年度は公開保育、職員会議、研究保育で子どもにとってという視点で保育を検討し、重点となる考え方を共有して保育実践を行うことができたと思う。しかし、産休育休を取得し、復帰する保育者が増えていることで保育者の層が充実する一方で、一時的に保育者が抜け、入れ替わる状況がある。今後も産休育休取得者が続く可能性も考え、経験が浅い教員も含め、子どもにとっての保育を検討する場を大切にし、常に学びを継続していくことが重要であると考えている。
また、コロナ渦であることや両親共働きの保護者が増えている傾向があり、保護者とのつながりをつくるための工夫が必要になってきている。動画やオンラインの活用も含め、よりよい情報の共有方法などが検討課題であると考える。
評価 A・・十分成果があった B・・成果があった C・・少し成果があった D・・成果がなかった
picture
[今後取り組む課題]
       課題         具体的な取り組み方法
多様な分野の研修の充実 障がいのある園児も含め、個別の配慮を必要とする園児の理解と対応、体験を通した遊びの充実、保育実践を客観的にとらえ分析する視座を高めるというように、体験的研修と実践検討研修をバランスよく取り入れながら、自分の保育実践の充実を図ることのできる研修を行っていく。
預かり保育充実 年々、共働き、勤務時間の長い保護者が増え、預かり保育の利用希望が増えている。長時間の保育になるため、子ども達の身体的疲労や心のケアも含め、保育内容、人員配置などを検討し、子ども達が安心して過ごすことができるよう検討する。
オンラインの活用の充実 保護者とつながりにおいて、全ての保護者のニーズに合わせた相談に対応していくことができるようにオンラインの活用について検討していく。また、幼児教育の大切さを社会的に発信していくためにも、今年の動画作成やオンラインの活用を振り返り、工夫できる方法を検討していく。
園務改善・効率化 ITC技術を活用し業務を効率化し、より実践教育と保育環境の充実化を図る。
園務改善の為のソフト、機器、システムの導入
picture
[学校関係者評価委員会の評価]
コロナ禍という環境の大きな変化に対し、保護者や子どもと職員が協力し合い感染症対策に適切にとりくめている。
行事や保育活動に様々な制限が係わる中で柔軟な発想と工夫により可能な限り教育活動を継続している。
今後も、幼児教育における知識や経験を積み、家庭、地域、社会と発展していくこを期待する。
picture
picture
幼稚園およびホームページに関するお問い合わせ、ご意見はこちらへ!